スッキリ!な毎日を送る為の「便通を良くする方法」

快便になるために朝、試した方が良い3つの方法!!

この記事は3分で読めます

「うーん、今日も出なかった・・・・・」

 

 

トイレに行って頑張るけど、

便がでないと本当にスッキリしないですよね。

 

 

便がでないとお腹がパンパンになって苦しくもなりますし、

お腹が膨らむのでスタイルも崩れます。

 

 

それどころか、便秘になると腸の中で有害物質が発生して

それがガンの元にもなったりします。

 

 

ですから、便秘は健康のためにも

治さなければいけないものなのです。

 

 

そして、今回はそんな治さなければいけない便秘を解消するために

 

「誰でも出来る、快便になるために朝試した方が良い3つの方法」

 

について紹介していきたいと思います。

 

 

 

この3つの方法を朝試せば頑固な便秘も快便に!

 

 

っと言うわけで、ここからは

 

「誰でも出来る、3つの快便になるために朝試した方が良い3つの方法」

 

に、ついて語っていきたと思います。

 

 

 

 

①炭酸水を1杯飲む

 

 a992712afa473e80bb5ac1b3b55ad239

 

便秘の人は良く

 

「水をたくさん飲むと便秘が解消される」

 

っと言われています。

 

それは水分が抜けて硬くなった便が、

水分を含むことにより柔らかくなることにより排便しやすくなるからです。

 

そして、それを水ではなく、炭酸水に変える事で、

炭酸が胃や腸を刺激して活発に動くようになり、

便秘を解消する効果があるのです。

 

また冷えている炭酸水の方が、

より胃腸を刺激するので効果が高いと言われております。

 

 

 

 

②軽い運動(ウォーキングやジョギング)をする

 

5197327623_dde9c65af0_b

 

 

「朝に軽い運動するのは健康には良さそうだけど、便通に意味あるの?」

 

 

っと、思ってしまうところですが・・・・・

これは便通にもすごく良い効果があるのです。

 

 

なぜなら、軽い運動(ウォーキングやジョギング)等でも

体全体を動かすと胃腸に刺激がいき、それが排便を促すからです。

 

 

そして、その運動をした後に①で紹介した

炭酸水を飲めばWの効果があります。

 

運動後は喉も渇くはずなので、

水分補給を炭酸水にすればもう完璧ですね。

 

 

 

③簡単にできる排便を促す姿勢・運動をする

 

132

 

便秘に人は排便をする時の筋肉である「肛門括約筋」が

緩んでいることが一つの原因として言われております。

 

ですので、この筋肉を鍛えることによって

排便を促す力が増し、便秘が解消できる一つの要素となっています。

 

 

そして、その排便を促す、簡単な姿勢・運動があります。

 

 

まずは姿勢ですが

 

「またわりの姿勢」と言い大きく足を開いて立ち、

ひざを曲げて腰を落とす姿勢です。

(和式トイレで大便をする時のような姿勢)

 

膝を曲げた状態で10〜15秒キープして戻す。

それを数回繰り返すと効果があります。

 

 

次に、運動ですが

 

 

椅子などに座った状態で右手で左足、左手で右足と、

体をひねりながら左右交互に、足先を触っていくという運動です。

 

 

これを1〜3分やると、

排便を促す効果があるのです。

 

 

 

今回は3つを紹介してきましたが・・・・・

 

 

 

っということで、今回は

 

「誰でも出来る、快便になるために朝試した方が良い3つの方法」

 

について、紹介してきました。

 

 

いかがだったでしょうか?

 

 

当たり前ですが、快便のために朝した方が良いことは

今回の3つ以外にも、まだまだたくさんあります。

 

 

ですが、特にやりやすい3つを今回チョイスして

あなたにオススメしてみました。

 

 

便秘で困っている方は、是非やってみてくださいね!

 

 

 

あわせて読みたい

  1. スクリーンショット(2015-02-28 17.15.27)
  2. 733023eee7ef953d3ca24e055340ebc9_m
  3. スクリーンショット(2015-04-12 15.46.29)
  4. A306_087
  5. スクリーンショット(2015-02-28 17.18.14)
  6. KUSURI-2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

RETURN TOP