スッキリ!な毎日を送る為の「便通を良くする方法」

便秘を解消するお茶

この記事は3分で読めます

 

 

 

「飲み出して 1週間もすると、お通じが良くなって来たのに気づきました。それまでは 1週間に 1度お通じがあれば良い方でしたが、毎日出るようになってビックリ。お通じが良くなったからと言って、腹痛が起こる事はありませんでした。むしろ、胃腸の調子が良くなったような気がしました。体調はそれからすこぶる良くて、便秘は完全に解消して毎日とても快適です。まるで嘘のようです。」

 

 

 

・・・なんて、口コミで紹介されるような市販の某お茶もありますが、一般的に口コミは参考程度で見ておいた方が無難ですね。

 

レビューは自画自賛の投稿の場合もあるし、仮にインチキではなかったとしても自分に合うのかは分からないからです。

 

 

 

 

お茶やハーブティーを飲むことは気軽に実施できる便秘改善策の一つのため、あなたも試したことがあるのではないでしょうか。

お茶には様々な種類があり、含まれている成分も多種多様です。

 

 


ここでは、便秘改善効果のある成分とそれを含んだお茶の紹介、それとお茶で便秘改善する際の注意点などについてお伝えしますね。

 

 

 

 

 

水溶性食物繊維を含むお茶



水溶性食物繊維は大腸内で発酵したりや分解されたりして、ビフィズス菌などの善玉菌を増やす働きや有害物質を吸着して体外へ運ぶ働きがあります。

 

 

代表的なお茶には次のようなものがあります。

 

 

・マテ茶

 

・ギムネマ茶

 

・黒豆茶


・ごぼう茶


 

ちなみに、黒豆茶とごぼう茶が一緒になった黒豆ごぼう茶というのもあります。

原材料はごぼう、黒豆、はと麦、大豆胚芽などで妊婦さんにも安全です。

かなりの食物繊維が入っていて期待できますが、ごぼうのにおいが苦手だと少しつらいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

マグネシウムを含むお茶

 


便秘の内服薬として酸化マグネシウムが投与されます。

マグネシウムは便通をよくするミネラルで便秘に関しては次の2つの効果があります。

 

・大腸の動きを良くする


・便の水分量を増やし便を柔らかくする


このマグネシウムの豊富なお茶には以下のようなものがあります。

 

 

・杜仲茶


・プーアール茶


・マテ茶

 

 

 

 

 

 

 ビタミンCを含むお茶

 


摂取されたビタミンCの多くは比較的早く吸収されますが、吸収されなかったビタミンCは大腸まで届いて乳酸菌などの善玉菌を増やしたり便を柔らかくする作用があります。

 


ビタミンCが多く含まれるお茶には以下のようなものがあります。

 

 

・緑茶


・ローズヒップティー


・ハイビスカスティー

 

 

 

 

 

 カテキンを含むお茶

 


緑茶に多く含まれるカテキン(ポリフェノールの一種) には殺菌・抗菌作用があるのがよく知られています。

緑茶を飲んだ時に感じるあの渋み、それがカテキンです。

 

 

その作用は腸内でも同様であり、便秘に有効なオリゴ糖と同でに小腸でほとんど消化されずに大腸まで届きます。

大腸に届いたカテキンには腸内の悪玉菌を減少させる働きがあります。


またカテキンが優れているのは、悪玉菌のみを抑制し乳酸菌などの善玉菌は逆に増やしてくれる働きがある点です。

 

 

 

 

お茶の力で気軽に便秘改善




お茶は非常に馴染み深い飲み物です。

 

仕事の休憩時間や食事に欠かせない飲み物ですから、シーンを問わず手軽に実行可能なので無理なく続けられる便秘解消法ですね。

 


また、「便秘薬には頼りたくない」という考え方の人にとっても便利な便秘解消法だといえます。

 

 

今回いくつものお茶をご紹介しましのでどれにしたら良いか迷ってしまうかもしれませんが、どのお茶が自分に最もよく合うのかは実は試してみないと分かりません。

 

どうしても人それぞれ、相性があるからです。

 

 

 

ライフスタイル全体を健康的に改善していく中でうまくお茶を取り入れるようにしましょう。

 

 



なお注意しなければならない点としては、カフェインを多く含むお茶類を過度に飲むと便秘を悪化させる可能性があるということです。

 

 

カフェインの利尿作用は強くまた持続性があるので、体液(血液)中の水分はどんどん失われることになります。

体内の水分が失われると、この脱水状態を回避させるために大腸からの水分吸収量が高まります。

 

 

その結果、大腸内の便の水分が失われ、硬い便となって便秘が引き起こされるようになります。

 

 

お茶やコーヒーを飲むと便秘になるというのは、このような体内水分の収支関係によるものなんですね。


 

参考になったでしょうか?

 

では、またー。

 

 

 

 

 

 

 

 

あわせて読みたい

  1. coffee1
  2. スクリーンショット(2015-03-21 16.37.56)
  3. スクリーンショット(2015-02-28 17.16.50)
  4. スクリーンショット(2015-07-25 17.09.51)
  5. スクリーンショット(2015-01-12 17.26.18)
  6. DI_IMG_5783500-thumb-1200x800-5774

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

RETURN TOP